百の頂に 百の教訓あり

どん臭オジサンの日本百名山での活動記録。登山あるある的に読んで頂ければ幸せです。

後方羊蹄山 ~旅は道連れ 余は情けなし…~

<< 後方羊蹄山 >>

標高:1898m

登頂日:2006.7.17

 

f:id:netarouyama:20201004113859j:plain


 


  

後方羊蹄山に登る計画を立てたことは一度もない。

にもかかわらず、登ったことが一度ある。

 

その経緯はこうである。

寝太郎は大雪山に登る計画で、小樽行のフェリーに乗った。

入港初日、大雪山へ移動日の予定だった。

しかし、フェリーの中で知り合った青年に誘われ、急遽その日に後方羊蹄山に登ることになったのだ。

  


 

という訳で、地図すら持たない寝太郎は、終始青年の後にくっついて行動した。

ただただ青年に遅れぬように気を付けて歩いた。

そして頂上に立ったが、全然眺望はなく、翌日の大雪山がメイン山行だったこともあり、すぐに下山した。

 

f:id:netarouyama:20201004114842j:plain

 


 

下調べもせず、青年の後方を羊のような従順さで行動したうえ、天気も悪かったので、この山の記憶はほとんどない。

写真も2枚しか残ってない。

記録にも記憶にも残ってない情けない状態だ。

 

覚えているのは、一つだけ。

金魚ならぬ青年のフンとなっている間、彼の歩き方に感心したことだ。

彼は登山道の幅を活用し、こまめにジグザグに歩いて段差の衝撃をうまく低減していた。

「これは真似しよう。」と思った記憶である。

 


 

青年も寝太郎のことを覚えているかなぁ。

彼は北海道での単独登山が初めてで、ヒグマが怖くて同行者を探してて、それで寝太郎に声をかけたと言っていた。

彼にとって寝太郎の存在は「熊すず」だった訳だ。

もし、同行者が「広瀬すず」だったら、彼も覚えているだろう。

しかし、我が容姿は「広瀬すず」ではなく「スズ木先生」である。

忘却の彼方の、そのまた北方のムネオハウスのように忘れ去られていることだろう。

 

ムネオハウスなんて今やほとんどの人が覚えていない。

人間は忘却の生き物。

だから仕方ないのである。

 


 

と、ここまで書いて、思い出したことがある。

翌日の大雪山も、旭岳頂上まで青年と一緒に歩いたのだった。

 

後方羊蹄山の下山後、旭岳ロープウエイまで車を連ねて走り、翌朝の出発時間を約束し、駐車場で車中泊した。

が、寝太郎は寝坊してしまったのだった。

年長者を叩き起こすこともできず、彼は寝太郎の起床を30分程じっと待ってたのだった。スズ木先生を畏れる外務省員のように…

 

結局、青年の礼儀正しいノックがあるまで、寝太郎は熟睡してた。

その時のヤキモキを青年は絶対覚えているはずだ。

寝太郎は今の今まで忘れてたけどね。

 

人間は忘却の生き物。

特に寝太郎は都合の悪い事実を忘却する生き物である。

情けないことだが仕方ないのである。 

 


 

f:id:netarouyama:20201004121133j:plain

 


 

 


 

十勝岳 ~信じる者はスクわれる~

<< 十勝岳 >>

標高:2077m

登頂日:2006.7.21

 

f:id:netarouyama:20201004213712j:plain

 

 


  

 十勝岳には大雪山から縦走で登る計画であった。しかし、その計画は途中で断念した。ずっと雨に降られてしまい、歩きとおす意志を貫けなかったのだ。

 

f:id:netarouyama:20201025095941j:plain


 


 

また、白雲岳避難小屋で聞いた話も断念の理由の一つだった。

地元の方の話では、十勝岳温泉~三段山~十勝岳富良野岳の周回コースが素晴らしいので、そちらがおススメとのことだった。寝太郎の地図では三段山~十勝岳の間が破線コースだったが、そこも特に危険はないらしい。さすが地元登山者である。良い情報を得たので、そのコースで登ることにした。

 

f:id:netarouyama:20201025100644j:plain

 


 

結果から言うと、地元のアドバイスを信じて正解だった。富良野岳のお花畑、カミホロカメットクの威容など、当初の計画では見ることができなかったはずの景色を楽しめたからだ。

 

f:id:netarouyama:20201025101104j:plain

 


  

懸案の三段山~十勝岳も事故なく進めた。まぁ危険がゼロだったかというと、そうではなかったかもしれない。登り返しの急斜面の足場は、軟弱な寝太郎のイシよりもモロかった。何度も足元をすくわれた。

足元をすくわれるにとどまらず、落石を数回発生させてしまった。他に登山者はいなかったので人的被害はなかったが、正直に言うと落石というよりは、崩落と言ったほうが実態に近かった。いやもっと正直に言うと、落石が落石を呼び、石や岩が跳ね飛びゴォーッとなだれる様は、プチ土石流だった気もする。

 

f:id:netarouyama:20201025110128j:plain

モロい岩質の散弾三段山

 

 


  

ともあれ地元の方のアドバイスのお陰で、無事に周回できた。

落石には困ったが、それも「あそこが小説にもなった『泥流地帯』かもしれないなぁ」と文学的な感傷に浸れて貴重な経験であった。

 

f:id:netarouyama:20201025112109j:plain

 

 


  

f:id:netarouyama:20201025114308j:plain

 


  

 


 

 

トムラウシ ~ほっカいどうは デッかイどう!~

<< トムラウシ >>

標高:2141m

登頂日:2006.7.20

 

f:id:netarouyama:20201004141249j:plain

 


 

トムラウシへは大雪山からの縦走で登った。

前日にヒサゴ沼避難小屋に泊まり、そこから登った。

 

f:id:netarouyama:20201004142114j:plain

 


 

計画ではさらに十勝岳まで縦走する計画であったが、ヒサゴ沼までの2日間がずっと雨だったので、気力が萎えてしまった。

トムラウシに登ったあと、天人峡へ下山することに変更した。

 

f:id:netarouyama:20201004142214j:plain

雨でもそこそこ美しいトムラウシ

 


 

という訳で、ヒサゴ沼避難小屋にほとんどの装備を残し、ほぼ空身でトムラウシに向かった。

そのため足取りは軽快だった。

そして北沼に着く頃には、雨は止み雲の切れ間も出てきた。

 

f:id:netarouyama:20201004144149j:plain

雨がやむとさらに美しいトムラウシ

 


 

おかげで頂上では憩いのひとときが味わえた。

 

f:id:netarouyama:20201004143046j:plain

 

 


 

ヒサゴ沼に戻り、荷物を回収し天人峡への下山ルートを進んだ。

荷物が増えたが、あとは下るだけなので、気持ちは軽かった。

お花畑もあって、楽しんで歩けた。

「だんだん運気があがってきたかな!?」

と、萎えた気力もよみがえってきた。

 

f:id:netarouyama:20201004143653j:plain

 


 

終わりよければすべてよし。

喉元過ぎれば熱さも忘れる。

雨にたたられた3日間だったが、下山したら良い思い出に変わるだろう。

下山前だが、すでにこの辺りでそんな予感がした。

 

f:id:netarouyama:20201004144832j:plain

 


 

軽やかな足取りで下山を続けた。

灌木帯を過ぎ、樹林帯へ入った。するとムシが増えてきた。

しかし、寝太郎はムシが苦手ではない。

どれだけブンブンたかられても、目や口に入ってくるといった実害がなければ大丈夫である。

「ムシたちよ。悪い虫がつくのは娘さんと相場が決まっているのだよ。オジサンにたかってもしょうがないぞ。」

と、オヤジギャグをつぶやき、しばらく適当にあしらっていた。

 


 

だが、なんだかムシの様子がいつもと違う。

すぐに手足にかゆみが出始めた。

不思議に思い腕を見たら、大~きな蚊が寝太郎の血を吸っていた。

露出した腕はもちろん、ズボンやシャツの上から吸血している奴もいる。

「なんじゃこりゃあ!」

全身の血の気が引く感覚に襲われた。

いやそれは感覚だけじゃない。

実際にジーパン刑事同様に大出血してるのだ。

「なんじゃこりゃああああ!」

改めてジーパン刑事の叫びをあげた。

「大雪にほえろ」である。

 


 

このデッカい蚊の大群の襲撃は下山口まで続いた。

正確に言うと、下山口まで蚊の大群がいたのかどうかは分からない。

少しでも動きを緩めたらヤブ蚊軍団に襲われるという恐怖で、下山口まで駆け降りたというのが真相だ。

泳ぎ続けねば死んでしまうクロマグロと同じ立場であった。

 

f:id:netarouyama:20201004182839j:plain

 


 

蚊への攻撃と防御にもっとも有効だったのは、手は全力で高速に振り回し、その上で、全身の関節をくまなく動かし続けるというアクションだった。

一言でいうと「踊り狂う」のだ。

2泊3日の最終日にあれほどの走力を発揮したことはない。

そして、あんなに武闘力と舞踏力を発揮したこともない。

今後、あんな下山はもう一生したくない。

切に切にそう願っている。

 


 

f:id:netarouyama:20201014222525j:plain

 


 

 


 

大雪山 ~ 料理の極意は素材を全て活かしきること ~

<< 大雪山 >>

標高:2290m

登頂日: 2006.7.18

 

f:id:netarouyama:20201003221306j:plain

本文とは違う時期の大雪山です

 


 

大雪山は旭岳を主峰とする山群の総称である。

広大で日帰りでは回りきれない規模だ。

またケチな百名山ハンター寝太郎としては、トムラウシ十勝岳も一度に合わせて登りたいと考えた。

なので寝太郎は大雪山トムラウシ十勝岳に山中泊で登る計画を立てた。

  

f:id:netarouyama:20201003221526j:plain

白雲岳避難小屋からトムラウシ十勝岳方面

 


 

まず旭岳に登り、白雲岳避難小屋泊、ヒサゴ沼避難小屋泊、トムラウシに登り双子池キャンプ指定地泊、十勝岳から下山という3泊4日の計画であった。

 

これが初の北海道遠征だった寝太郎は、様々な不安を抱えていた。

・・未知の山域でいきなりの長期山行・・

・・夏でも凍死しうる冷涼な気候・・

・・不治のエキノコックス感染・・

が、一番の不安は何といってもヒグマであった。

 

f:id:netarouyama:20201003222834j:plain

 


 

死亡事故も発生しているほどの危険度だ。

特に福岡大ワンゲル部の遭難などは事故というより、もはや事件である。

絶対にヒグマに遭遇したくない。

万が一3泊目のキャンプ地で遭遇したら最悪である。

テン場でヒグマの襲撃を受けたら、それはすなわち死であろう。

 

f:id:netarouyama:20201003223547g:plain

キャンプ予定地のヒグマの噂を耳にしてしまいました

 


 

もし、遭遇したらどうしよう。

「ヒグマよ!事件はテン場で起きるんじゃない!現場で起きているんだ!」

と、青島俊作のように叫べば、ヒグマが現場へ急行してくれはしないか?

いやいや、そんなドラマのような展開はあるまい。

アホ島 瞬殺になって殉死であろう。

  

そんなバカげた想像を抱きつつつつ、大雪山に向かったのだった。

 

f:id:netarouyama:20201003213011j:plain

アホなイメトレより、唐辛子スプレーの用意を!

 


 

そして1日目の夜。

ヒグマではないが事件が起こった。

 

寝太郎はあいにくの雨に降られ、白雲岳避難小屋に濡れネズミで到着した。

夏なのに唇が青くなる寒さだった。

 

f:id:netarouyama:20201003224304j:plain

 


 

すぐに着替えた寝太郎は晩ご飯を支度した。

手早く湯を沸かしアルファ米に注ぐのだ。

青島デカならぬ青ざめバカの寝太郎もこの時ばかりは、手早く開封し、サッと湯を注いだ。

なんだか手際が良すぎる気がしたが、温かいご飯に早くありつきたい気持ちがスピーディーなパフォーマンスをリアライズしたのであろう。

 

f:id:netarouyama:20201003224955j:plain

 


 

選んだアルファ米はカレーピラフ。

「それもあって華麗な手さばきで支度できたのかな」

などとお寒いダジャレをカマし、待つこと15分。

カレーピラフが出来上がった。

 

そして開封時。

事件は起こった…

f:id:netarouyama:20201004095426j:plain

 


 

カレー異物混入事件の発生である。 

乾燥剤を取り出し忘れていたのだった。

変死体のように乾燥剤がピラフの上に横たわっていた。

乾燥剤ごと湯モドシしてしまったアルファ米…。

それを食べる勇気は寝太郎になかった。

仕方なく即席めんを作り、それを食べてその日を終えた。

 

f:id:netarouyama:20201004102856j:plain

どちらかというとCAN'T EAT です

 


 

翌日、寝太郎はヒサゴ沼に向かった。

残飯を山中に捨てることは、ヒグマの人間の食物への誘引を招き、ヒグマの脅威を増すので禁止である。

なので、カレーピラフは携行した。

 

しかしである。

「カレ(インボ)ーの香り(ッジ)を封鎖できませ~ん!」

気のせいかもしれないが、ザックの奥底からカレー臭がするのだ。

 

f:id:netarouyama:20201004104405j:plain

高根ヶ原に咲いてたコマクサ。カレーくささにコマった状況を表現しています。

 


 

「カレーの香りって、人間同様にヒグマの食欲もそそるのかな??」

 

カレーピラフを携行することは、確かに将来的なヒグマの脅威の軽減となる。

が、目の前の脅威は湯モドシした乾燥米のように、大きく膨らんだ気がするぞ。

 

そんな疑問が脳内に渦巻き、景色を楽しむ余裕もない。

常歩行動作に横方向の臀部振幅動作を加えることにより、我が熊鈴の音響到達距離の最大化に努めた。

簡単に言うと、しこたまケツをフリフリ歩き、熊鈴を高鳴らせチャラチャラ歩いたのである。

 

f:id:netarouyama:20201004103754j:plain

 


 

カレー臭と加齢臭とケツを振りまきながら練り歩くオジサンに、さすがのヒグマも恐れをなしたに違いない。

結局、カレーピラフも加齢オジサンも無事に下山できました。

 

f:id:netarouyama:20201004110137j:plain

 


 

f:id:netarouyama:20201004111229j:plain

 


 

 


 

阿寒岳 ~山は逃げない… たとえどんなに離れていても~

<< 阿寒岳 >>

標高:1499m

登頂日:2018.6.7

 

f:id:netarouyama:20201003125949j:plain

 


 

日本百名山には「阿寒岳」が選定されている。

しかし、ズバリその名の山はない。

阿寒の名を含む山は、阿寒富士・雌阿寒岳雄阿寒岳の三座である。

そこで寝太郎はそれらをすべて回る計画を立てた。

 

f:id:netarouyama:20201003133752j:plain

 


 

その計画には問題があった。

三座の距離である。

阿寒富士・雌阿寒岳は徒歩1時間の距離である。

しかし、雄阿寒岳はとても歩いて行けない位置にあるのだ。

 

f:id:netarouyama:20201003131918j:plain

 


 

同じ名前で性別だけが異なる夫婦のような山なのにこんなに離れてる。

そんな山が他にあるだろうか。 

例えば筑波山

男体山と女体山はほぼ一体だ。

夫妻は寄り添い、抱き合っている。

NHK朝ドラで言うならエールの古山夫妻のような状態だ。

 

f:id:netarouyama:20201003135135j:plain

その距離 740m


 


 

男体山はどうか。

女峰山とそこそこ離れてはいる。

しかし、その間には孫がいたりして、ファミリーの一体感がある。

三世代同居のサザエさん状態だ。

 

f:id:netarouyama:20201003140526j:plain

その距離 6.6km

 


 

それに比べて阿寒一家はどうだ?

妻、阿寒岳子と長女の富士子は一緒なのに、大黒柱の阿寒岳男はそこにいない。

湖を隔てて遠くに離れてしまっている。

朝ドラ「ひよっこ」の、出稼ぎに行ったっきりの父のようだ。

親父だけ夜逃げしたのだろうか。

なぜこれらの山がひとまとめに阿寒岳なのだろうか。 

 


 

まぁ、そんなこと考えてもしょうがない。

寝太郎がいくら「民法上、婚姻関係ニアル者ハ同居ノ義務ヲ負フ!」と訴えても、二人の距離は1mmたりとも縮まらないのだ。

そんな暇があるなら、一刻も早く登り始めた方が良いのである。

 

f:id:netarouyama:20201003141602j:plain

 


 

という訳で、まずは阿寒富士、次に雌阿寒岳に登った。

 

f:id:netarouyama:20201003142016j:plain

写真右奥、阿寒湖の先にあるのが雄阿寒岳

 


 

めちゃくちゃ急いで下山し、雄阿寒岳に車で向かった。

 

f:id:netarouyama:20201003185145j:plain

 


 

そして雄阿寒岳の登山口に着いたのは正午近くだった。

急いで登り始めた。

 

f:id:netarouyama:20201003183709j:plain

 


 

しかし、30分ほどすると小雨が降ってきた。

 なかなか来れない北海道の山なので、ここで撤退したらもうダメ、アカン。

でも遭難したら、なおアカン。

とても迷ったが、登山者としてひよっこの寝太郎は

雌阿寒岳が最高峰だから、雨の雄阿寒岳は登らなくてもいいや。」

という気分になり、撤退したのであった。

 

f:id:netarouyama:20201003184003j:plain

 


 

f:id:netarouyama:20201003184146j:plain

 


  

 


 

斜里岳 ~カメの切れ目は(今生との)縁の切れ目~

<< 斜里岳 >>

標高:1547m

登頂日:2018.6.10

 

f:id:netarouyama:20200929233249j:plain

 


 

斜里岳に登ったのは、まだ少し雪の残る6月であった。

 

f:id:netarouyama:20201003181634j:plain

 


  

清岳荘から沢沿いのコースを登ったが、2か所ほどスノーブリッジがあった。そのうち1か所では、亀裂が生じていた。

崩落して沢に落ちたらただでは済まない。

さぁ、どうしよう!?

 

f:id:netarouyama:20200929234207j:plain




 

ここで寝太郎が考えた選択肢は3つ。

 ①亀梨クンのようにカッコよく渡る。

 ②亀田兄弟のように勇敢に渡る。

 ③亀田親父のように乱暴に渡る。

どれも述語が「渡る」である。

前進あるのみなのだ!

 

遠方の百名山において、寝太郎に「撤退」の2文字はない。

ウミガメの赤ちゃんのように母なる海へ引き返すという選択肢はないのだ。

でも、渡る姿はカメそっくりであった。

四つん這いで、亀井しずか~にスノーブリッジを渡りました。

 

f:id:netarouyama:20200929235249j:plain

 


 

その後は特に問題なく行程を進めた。

というか、その後頂上が近づくに連れ晴れ間が出てきて、踊るエビやタイも見ることができた。

「助けた亀に連れられて竜宮城に行ってみた!」的な展開であった。

 

f:id:netarouyama:20201001235753j:plain

 
輝くエビのシッポ

 


 

f:id:netarouyama:20201002000649j:plain

ヒラメくサクラダイ

 


 

絵にもかけない美しさであった。

 

f:id:netarouyama:20201002000850j:plain

 


 

そして、山頂到着。

 

f:id:netarouyama:20201002001119j:plain

 


 

竜宮城へ行った浦島太郎のように、素晴らしい光景を楽しめた。

そして下山。

下山後は浦島太郎のように白煙に巻かれることもなく、清岳荘のテラスから海の眺めも楽しめた。

 

f:id:netarouyama:20201003172427j:plain

 


 

もちろん、浦島太郎のように急激に老化するなんてこともなかった。

村人に忘れ去られた存在になることもなかった。

しかし、寝太郎自身が忘れ物をしてしまった。

亀裂の危機を乗り越えた安心感からか、ストックを駐車場に置き忘れてしまったのだ。

 

f:id:netarouyama:20201004133719j:plain

 

 


 

ストックを駐車場に置いてきたことに気づいたのは翌日だった。

なので、翌日は亀仙人の杖みたいな装備で、みっともない山登りになった。

 

f:id:netarouyama:20201003175304j:plain

 


 

 

f:id:netarouyama:20201003180520j:plain

 


  

 


 

羅臼岳 ~美しく青き道ナウ ヨハンシュトらうす~

 << 羅臼岳 >>

標 高:1661m

登頂日:2010.8.3

   :2018.6.10

 

f:id:netarouyama:20200927204855j:plain

 


 

羅臼岳は知床の山である。

知床半島は長さ70kmに対し、基部の幅が25km。

細長い形状の半島である。

そして半島中央部の知床五岳には縦走路がある。

ということはである。

両側に海を眺めつつ歩ける山道のはずだ。

そういう縦走路は非常に珍しい。

寝太郎はその空と海の青さに満ちた美しい道を歩く計画で、羅臼岳に向かった。

 

f:id:netarouyama:20200927213557j:plain

寝太郎の知床縦走路の想像図です。

 


 

 しかし、登ってみたら……

 

f:id:netarouyama:20200927214604j:plain


 


 

 「両サイドに海、そして彼方に千島列島。」 (^^)/

そんな眺望を満喫して歩く、寝太郎の夢は破れた。 (ToT)/~~~

右も左も白。前も後も白。

「とりあえず羅岳には登ったから、縦走はいいや。」

と、寝太郎は計画を放棄した。

 

f:id:netarouyama:20200927220821j:plain

エゾコザクラ(かな?)

 


 

 

f:id:netarouyama:20200929230649j:plain

 


 

 そして、その教訓を生かして、2018年に再訪。

サラリーマン寝太郎は、きっちり仕事を片付けて長期休暇を取得。

日頃の行いを改め臨んだ羅臼岳であった。

結果、見事に晴れました!

 

f:id:netarouyama:20200927223042j:plain

 


 

そして、登頂。

何という海の青さよ!

何という空の青さよ!

  

f:id:netarouyama:20200927223932j:plain

 

 


 

でも、逆サイドの海は真っしれとこ…

美しく青き道は寝太郎の前に現れてくれなかった。

しかし、雲海の果てに国後の山が見えたのは、この白い雲のおかげだ。

良い光景であったと満足できた羅臼岳であった。

 

f:id:netarouyama:20200927223333j:plain

半分だけ青い…

  


 

f:id:netarouyama:20200929230609j:plain